成功者はなぜ筋トレをするのか?

成功者はなぜ筋トレをするのか?

僕が行っている筋トレメニュー、各部位の鍛え方、増量、減量のコツ、BIG3のMAX記録を更新するコツなど筋トレに関する疑問にお答えしています。

腹筋を割りたい人が腹筋なんかしている場合でない3つの理由と行うべきトレーニングとは?

あなたは腹筋をバキバキに割りたいと思っていますか?シックスパックとまではいかなくても程よく引き締めたいと思っていますか?

でも腹筋を何百回、何千回やっても腹筋が割れないと悩んではいませんか?

腹筋 割る

はっきり言います。あなたが痩せ体型から普通体型なら1,2か月で腹筋は割ることができるのです。太っている方でも3,4か月あれば腹筋は割ることができるでしょう。

皆、正しいやり方を知らないから腹筋を割ることができないのです。

目次

腹筋を割りたい人が腹筋をすべきでない3つの理由

では、なぜ腹筋を割るための腹筋をしてはいけないのでしょうか?

腹筋を割るには体脂肪を落とすことが最優先事項である

腹筋を割りたい人が何よりも意識すべきことは体脂肪を落とすことです。そもそも腹筋は誰もが最初から割れています。

腹筋 筋トレ

割れた腹筋が体脂肪に隠れて見えていないだけなのです。つまり、どれだけ腹筋を鍛えても分厚い体脂肪が乗っていれば、割れた腹筋は見えてこないのです。

割れた腹筋を見せたいのならば、腹筋を鍛えることよりも体脂肪を落とすことの方が優先順位は高いのです。

腹筋は効率が悪い

自重トレーニングである腹筋は実は非常に効率の悪いトレーニングなのです。

筋トレを少しでもやったことのある人ならわかると思いますが、腹筋って負荷が非常に弱いトレーニングですよね?

筋トレの中で腹筋をつけたいから腹筋をやるというのは最も効率の悪い筋トレだといっても過言ではありません。

 記事の後半に腹筋を割るのに最適な筋トレを伝授します。

腹筋は鍛える優先順位が低い

筋トレというのは大きい筋肉から先に鍛えて小さい筋肉は後回しにするというのが鍛える順番としては正しいのです。

腹筋は大きい筋肉とは言えない上に他の筋トレをしていても自然と使われます。なので、鍛える優先順位は低いのです。

そういわれても腹筋を割りたい気持ちは変わらないですよね?

なので、普段の筋トレでは、毎回最後に腹筋をやってほしいのです。

f:id:muscletrainingmanial:20170719222537j:plain

例えば、こんな感じ。

月曜日…大胸筋→上腕三頭筋→腹筋

水曜日…背中→三角筋→腹筋

土曜日…脚→大殿筋→腹筋

大胸筋、背中、脚はBIG3と呼ばれているように最も大きな筋肉で鍛える優先順位は高いです。

週2,3できるならば、日によって鍛える部位を分けて最後に腹筋をするのがおすすめできるトレーニング方法です。

腹筋に最大限に負荷をかけられるのは腹筋ローラー?

腹筋を100回やるよりも腹筋ローラーを10回やったほうが効きます。それくらい復帰ローラーは効率的に腹筋をいじめることができるのです。

筋トレ業界では最もコスパのいい商品だと言われているほどですからね。ちなみに、文句なしでお勧めできるのがSoomloomアブホイール超静音腹筋ローラーです。

 口コミを見てもらえればわかりますが、これほど5つ星評価が多く、1つ星評価が少ない商品は珍しいですよね?

口コミ、評価は申し分ありません。

そして、腹筋ローラーを選ぶ基準は以下の通りでです。

・音がうるさくないかどうか(音がうるさいやつは本当にうるさい)

・丈夫かどうか(すぐ壊れてしまうものもある)

・床を傷つけない素材かどうか

この3つをクリアできている腹筋ローラーって意外と少ないのです。僕自身、これを知らなくても2つも余計な買い物をしてしまいました。

逆に言えば、そのおかげでSoomloomアブホイール超静音腹筋ローラーに出会えました。

 値段も安価なので、コスパを考えると本当に最強です。迷ったらSoomloomアブホイール超静音腹筋ローラーにしておきましょう。

ちなみに、筋トレユーチューバーのサイヤマンさんも使っているそうです。